大学受験に役立つ通信教育は?

通信教育3つの手法

昔ながらの自己学習法!紙媒体の通信教育

通信教育と聞いて誰もが最初に思い浮かぶのが、この紙を媒体にした通信教育だろう。

毎週・毎月自宅にテキストが届き、解説を読んで理解しながら問題にチャレンジするという設計がほとんどだ。

紙面媒体の強みは、何と言っても「自分で書いて勉強できる」という点。

昔から、書くことで頭に記憶するという学習法が多くの人に定着しているため、一番馴染みがあり取り組みやすい。

ただし、紙面では解説や問題に使用できる範囲が限られてしまうため、要点を抑えた限定的な内容になりやすい。

インターネットがあればどこでもできるオンライン学習

インターネットが普及したことで、オンライン環境で学習できる通信教育も普及しつつある。

オンライン上で紙媒体の通信教育と同じ様に解説を読んだり問題を解くので、通信環境があればどこでも勉強できるという点がメリット。

授業の様な講義動画型も多いため、場所を問わずどこでも授業が受けられるというスタイルもある。

通信環境がなければ利用できないサービスだが、スマートフォンに対応した教材も多く、またWi-fiを導入している家庭もあるため、この点は問題ない。

講義動画型のオンライン学習は、塾・予備校の受講料よりも割安なので、家庭の経済的負担も少ないのが嬉しい所。

タブレットが参考書・問題集になるタブレット学習

紙媒体の通信教育とは違い、タブレット自体が参考書や問題集として使用できるというタイプ。

インターネット通信が必要なので、オンライン学習の1種とも言える。

動画講義型と異なるのは、紙媒体の様な問題を解いたり解説を聞いたりというのがメインとなるため、タブレットさえあれば教材が届くのを待つ必要がない。

さらに、白紙状態から何度でも解き直しが可能なため、紙媒体の様に1回書き込むと使い終わってしまうという事もなく、反復練習にも使える

タブレット学習の場合、書き込む動作がないため勉強法として不安に思う人も多いが、現在はペンを使って書き込めるタイプの教材や、記述式問題に対応しているサービスもあるので、こういったサービスを利用するのがオススメだ。

また、費用も紙媒体の通信教育より廉価なことが多いため、教育費が心配な家庭や、既に予備校などに通っているという場合でも安心。

大学受験にはどの通信教育が適切か

全体的な傾向からは「オンライン学習」が人気

通信教育を行っている高校生の中で、特に満足度が高いのがオンライン学習だ。

塾や予備校に通っている受験生がほとんどだが、授業で聞いた解説はその場では分かったつもりになってしも、いざ自分で問題を解こうとするとよく分からなくなってしまったという経験は誰しもあるだろう。

この様な時にオンライン学習なら、講師の授業が何度でも繰り返し見直せるため、理解を深められる。

また、自分の理解に合わせてストップ・スタートを調整できるので、聞き逃し等もなく1つずつ丁寧に進められるのも魅力。

さらに、登下校の間や外出先などでも場所を気にせず動画が見られるので、スキマ時間の活用もできて便利だ。

効率を求めるなら大学受験対策ができる「タブレット学習」

「解説も大切だが、問題を解くことも重視したい」という場合には、タブレット学習の方が人気が高い。

学力がある程度のレベルに達すると、より大学受験に即して、問題を解くことに重点を置きたいという声が強まる。

タブレット学習の多くは演習問題を解くことを重視しているため、少しずつステップアップしながら難解な問題にチャレンジができる。

また、動画や音声を使った解説もついているので、もし解けなかったり不安な問題は理解を深めることも可能。

合格には「効率」と「活用」がカギ

大学受験は、人生の中でも大きなターニングポイントとなる一大イベント。

難関校になればなるほど、周りの人も本気で勉強に取り組んで来る訳なので「これくらいでいいかな」という甘い考えは通用しない。

いかに隙間時間を活用し、効率良く勉強して周りを出し抜くかがカギとなる。

オンライン学習やタブレット学習は、通学が不要で特定の場所での拘束時間がないため、時間を活用した効率の良い勉強には非常に役に立つ。

どの様なサービスが良いのかは、タブレット学習おすすめ.COM(http://xn--t8j4aa4nulya9a0hwik692bozxd.com/)などにある様に、実際に利用して成績や偏差値に良い影響を与えたという実体験が判断材料となるだろう。